organize-childrens-clothing子供服の整理収納
子供服の整理収納

ありがた迷惑にならないお下がりのあげ方・譲り方

こんにちは。おもちゃの片付け講師の”すずのり”です。

 

衣替えの時期ですね。この時期いつも考えることがあります。

それはお下がり問題。

 

片付け相談のママがこんな悩みを仰っていました。

「ママ友や親戚からお下がりをもらいます。

とてもありがたいのですが、大量にくれるので収納しきれれずに困っています…。

殆ど着ていません。でも貰ったので捨てられません…。

断りたいのですが、やっぱり断れません…。」

 

このような相談が本当に多いです。

 

あげるママは良かれと思ってあげている。でも貰うママは着ない服が増える一方、捨てられない、断れない…。

これが正にありがた迷惑ということですね。

 

でもお下がりを貰って良いこともあります。

我が家もママ友に貰いますし、娘は今日もお下がりのスカートを穿いていきました。

 

なのでお下がりが全て迷惑というわけではなく、貰うママもあげるママもお互い気持ちよくやり取り出来ればいいですね。

 

そのためにも大切なことは

あげるママが貰うママの気持ちを考えること。

お下がりのあげ方を変えること。

あげるママがこの2つを意識するだけで本当に喜ばれるお下がりになります。

 

そこで本日は本当に喜ばれる!ありがた迷惑にならないお下がりのあげ方・譲り方を紹介します。

①相手の好みに合う服をあげる

例えばナチュラル系が好みの親子に原色ピンクで派手な服をあげても着ませんよね。

我が家は娘なのに「無地だから着れるだろう」と言って男の子の無地のTシャツを貰ったことがあります…。

 

『好みではない服ならあげない、好みの服ならあげる』このちょっとした配慮をしてあげると貰うママも嬉しいですね。

②数枚あげる

まだ着れるから、まだ綺麗だからといってやたらめったら大量に袋に詰めてあげないでください。

 

なぜかというと、貰うママの家には既に子供服はあります。十分あるはずです。

そこに大量の子供服をあげてしまうと収納しきれず負担になるだけです。

 

相手の好みに合った服で本当に綺麗な服を数枚(1枚~10枚)あげると本当に喜ばれます。

③「捨ててね」の一言が親切

私はお下がりをあげる時に必ず「着なければ捨ててね」と伝えます。

 

なぜこれを言うようになったかというと「くれたママに悪いから捨てられない。」というママがとても多いからです。

 

でもあげる時「着なければ捨てて良いからね」と一言伝えるだけで、貰うママは安心して捨てることができます。

④欲しい服を選んでもらう

私のママ友のお下がりのあげ方がとても良い方法なので紹介します。

 

それは「この中から好きなの選んでね。」と言ってくれること。

「はい、これあげる!」と一方的にあげるのではなく「選んでね」といってもらえると必要な服うだけ選べるので嬉しいですね。

 

私が普段は買わないような可愛い服をもらって帰ります。とってもありがたいです。

 

以上がありがた迷惑にならないお下がりのあげ方・譲り方でした。

あげるママは貰うママの気持ちを考えたあげ方をしてあげてくださいね。

登録者の方にプレゼント!

LINE公式に登録していただくと『子供があっという間に片付けてくれる魔法の声がけ動画』をプレゼント!

 

LINE公式登録方法は3つ。

①下記のバナーをクリック↓

 

②QRコードからの登録↓

 

③LINEから@087iijniを検索して登録

 

鈴木紀子(すずのり)

おもちゃの片付け講師・お支度ボード講師。

整理収納アドバイザー・整理収納教育士。

2人の小学生のママ。埼玉県在住。

 

元オンワード樫山デザイナー。

パーソナルスタイリストとして起業。

同時期に片付けサポートも開始。

 

2020年1月おもちゃ専門の片付け講師の活動開始。

2021年3月お支度ボード講師の活動開始。

 

訪問サポート、オンラインサポート、講座合わせて120件以上の実績。

Category : 子供服の整理収納
ブログ一覧へ戻る